Rhythm Works blog

rhythmnet.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 29日

伊勢山上

e0155985_13342389.jpg

三重県は伊勢山上にお客様と行ってきました。
伊勢山上は、大宝元年(701)、役行者(本名は役小角(えんのおづぬ))によって開かれた修験者の行場です。
標高は370mほどですが自然風化した巨大な奇岩・怪岩・岩窟があり高度感抜群。
穂高などの岩場歩きトレーニングに最適なのです。
e0155985_1338640.jpg

飯福田寺(いぶたじ)で入山料200円を納め、山に入ります。
注意事項を聞き、万一、怪我をしても責任は負いませんなどの誓約書を書きます。
e0155985_13334093.jpg

油こぼしという壁を上がると役行者小角(えんのぎょうじゃおづぬ)さんが待ち構えています。
ちなみにこの方、奈良時代、深い山にこもって修行をし、鬼を服従させては仕事をさせたらしいです。
空を飛ぶ術を身につけ、伊豆大島に島流しにされた時も、日中はおとなしく刑に服し、
夜になると富士山まで飛んでいって修行をしたという日本山岳信仰の祖。
e0155985_13392761.jpg

こんな高度感あるとこあるのです~。
もし、手や足を滑らせたら簡単に死んでしまうトコですので安全の為ロープで確保しながら進みました。
e0155985_13404564.jpg

下りも慎重に。
高度感もありドキドキのゲスト。
e0155985_13412073.jpg

歴史を感じる苔の蒸した階段。
e0155985_13443222.jpg

裏行場も。
伊勢山上は本来修験者の行場であり要所要所で危険な所があります。
それぞれ危険な箇所には迂回路が設けられていますので、
自分の体力・気持ちに合わせて安全第一に行動して下さい。
※実際に死亡事故もおきていますので。
[PR]

by rhythmworks | 2011-10-29 13:47 | 登山ガイド


<< イベント釈迦ヶ岳      立山バックカントリーTRIPの... >>